ルミガンでまつ毛育毛始めましょう

個人輸入と税金について

個人輸入で海外から医薬品を購入することは違法ではなく、できるだけ安く自分が欲しい薬を手に入れるために、個人輸入を利用している人はたくさんいます。

 

日本と外国との為替相場の変動や物価の差から、同じ成分の薬でも海外から購入した方がかなり安くなるケースがあります。

 

日本では2014年の4月に消費税が8パーセントとなり、今後10パーセントまで引き上げられることが決まっています。

 

一部では消費税がアップすることで景気が回復するとの考えもあるようですが、反対に消費税がアップすればますます景気も悪くなるという意見も多く、より薬にかける費用を少しでも節約しようとして、今よりも個人輸入で海外から安い薬を手に入れようとする人が増えていく可能性もあります。

 

外国製の医薬品を個人輸入する場合には、処方箋薬は1ヶ月以内、それ以外の医薬品でも2ヶ月以内など、一度に個人輸入できる量は薬事法によって定められていて、それを守れば関税や消費税が加算されないようになっていますが、一定の購入額を超えた場合は、関税や消費税がかかる場合もあるので注意が必要です。

 

個人輸入でルミガンという外国製のまつ毛育毛剤を、定期的に個人輸入代行業者を介して購入している人も多いようですが、ルミガンは外国製の医薬品でもあるため、個人輸入によって購入できる量は決められており、ルミガンも他の医薬品と同じで関税がかかる可能性があることは十分に理解しておく必要があります。

 

 

まつ毛育毛剤の通販