個人輸入で化粧品を買うには

海外旅行などに行った時に、個人が使用する目的で免税店などから化粧品を購入して持ち帰ることも、インターネットを通して海外から化粧品を直接購入することも個人輸入にあたりますが、化粧品を個人輸入する時には、薬事法に基づく制限があり、それは1品目あたり24個以内と定められています。

 

中には海外に行った時に大量に化粧品を購入して、他人に売ったり譲ったりしている人もいるようですが、それは完全に違法行為となるので、そのようなことは絶対に行わないようにしましょう。

 

外国製の化粧品を日本のデパートやショッピングセンターなどで購入して使用している人もたくさんいると思いますが、どうしても間に業者が入る分、個人輸入で手に入れるよりもかなり割高になってしまいます。

 

女性であれば誰もが長いまつ毛に憧れることだと思いますが、つけまつ毛やマスカラなどを使用しないで自分のまつ毛を長くするために、まつ毛美容液やまつ毛育毛剤などの化粧品を使用している人も多いと思います。

 

今では日本製や外国製のものなど、いろいろな商品が販売されていますが、その中でも高い効果が認められているものにルミガンというまつ毛育毛剤があります。

 

ルミガンは外国製の医薬品として販売されているため、個人輸入で手に入れる時には医薬品として購入することになりますが、化粧品として利用する場合で医薬品として利用する場合でも、個人で使用する一定量の基準を守っていれば問題なく使い続けることができるようになっています。